【Raspberry pi 3 model Bでk3sクラスターを作る】②Raspberry pi 3にk3sをインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
k3s

【Raspberry pi 3 model Bでk3sクラスターを作る】①Raspberry pi 3にCentos7をインストールするの続編です。今度はCentos7を入れたRaspberry piにk3sをインストールしてクラスターを構築します。

k3sはk8sを軽量にしメモリ512MBで動いてしまうディストリビューションです。詳しいことはここでは解説しません。

今回作る構成

Master Node 1台(hostname:rpks3master1.ark.io)

Worker Node 2台(hostname:rpks3node2.ark.io,rpks3node1.ark.io)

のお手軽Raspberry pi k3sクラスターです🤖

Master Nodeの構築

hostnameを変更します。

# hostnamectl set-hostname rpks3master1.ark.io

hostsファイルに各NodeのIPを対応づけます。

# vi /etc/hosts

127.0.0.1       rpks3master1.ark.io localhost.localdomain localhost

192.168.11.11   rpks3master1.ark.io

192.168.11.12   rpks3node1.ark.io

192.168.11.13   rpks3node2.ark.io

firewalldをstopしておきます。

# systemctl stop firewalld

# systemctl disable firewalld

k3sをインストールします。現在のstableのv0.10.2はRaspberry pi 3でインストールに失敗します[0]。それなのでk3sでインストール可能なバージョンに指定します。

[0]参考:https://github.com/rancher/k3s/issues/970

# curl -sfL https://get.k3s.io | INSTALL_K3S_VERSION=v0.11.0-alpha2 sh -

Runningになっていることを確認します。

# systemctl status k3s

Worker Nodeを追加するときに使うtokenを確認します。

# cat /var/lib/rancher/k3s/server/node-token

これでmasterの準備は整いました。

Worker Nodeの構築

Masterと同様にhostnameを変更し、hostsファイルを編集してください。

firewalldをstopしておきます。

# systemctl stop firewalld

# systemctl disable firewalld

k3sをインストールします。

# curl -sfL https://get.k3s.io | INSTALL_K3S_VERSION=v0.11.0-alpha2 sh -

この状態だとmasterとして稼働している状態なので、Worker(agent)として稼働させるために一旦k3sのプロセスをキールします。

# k3s-killall.sh

Workerを起動させます。Masterで確認したtokenをここで使います。<your_token>を確認したtokenに差し替えてください。

nohupを使うことでssh接続を解除したあともWorkerとして動かすことができます。

# nohup k3s agent -s https://rpks3master1.ark.io:6443 -t <your_token> > /dev/null 2>&1 &

Workerが動き出したことを確認します。

# systemctl status k3s

Master側でも確認します。

# kubectl get node

NAME                  STATUS   ROLES    AGE   VERSION

rpks3node2.ark.io     Ready    <none>   20h   v1.16.2-k3s.1

rpks3master1.ark.io   Ready    master   20h   v1.16.2-k3s.1

rpks3node1.ark.io     Ready    <none>   20h   v1.16.2-k3s.1

全部ReadyになってればOKです😎

Workerの追加に失敗した場合は、Masterのk3sもアンインストールしてまっさらな状態から再チャレンジしてください。そうしないと、k3sのバグ?でいつまでたってもうまくいきません😱

次はk9sとよばれるkubernetesをコントロールしやすくなるインターフェースをインストールしてみようと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*